読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エギングで呼子、唐津、平戸方面で活躍してる集団のブログ

エギング集団が主に呼子、唐津、平戸方面での釣果やポイントなどを紹介しているブログです。

2016春シーズンのエギングでデカ烏賊を釣る為に必要な3つのポイント!

エギング初心者

ちらほらキロオーバーの釣果情報を耳にする時期になってきましたが、中々エギングに出かけられずにモヤモヤしてますね?

天気が良くて絶好のエギング日和に仕事してますね?スマホでエギングの釣果情報検索しまくってますね?

クッソー!釣り行きてぇー!仕事うぜぇー!って叫んでますね?w

安心してください。私もです。

こんばんは宗です。

今度の休みに絶対エギングに行く!行ったら絶対に釣りたい!

キロアップ狙うなら今しかねぇ~って事で春のデカ烏賊シーズンに必要な3つのポイントを私なりに考えてみた。

f:id:delicatezone:20160224225256j:plain

とりあえずは釣り場選び

エギングに出かける事が決まれば先ず最初に「何処にいくっすかぁ~?」から始まる。

んで、スマホ片手に最近の釣果情報を探しまくる。春シーズン前半は呼子、唐津方面よりやはり平戸、松浦方面の方が分がある様に思う。

出かける方面が決まったら次に重要になるのがイカが居そうなポイント選びだ。

今年(2016)は暖冬の影響もあり例年より水温の上昇も早く春イカシーズン前半でも期待がもてるが、事前に天候、風向き、水温のチェックをして釣行プランを立てていくのがベスト。

アオリイカは大体アマモやホンダワラといった海藻に産卵しますので、当然海藻が多いポイントを選ぶのが重要です。って良く書いてあるw

それって何処よ?wってネットで聞くとマナー違反だとかで教えてくれない事が多いみたいなので、聞かれてもないけど私が春シーズンのデカ烏賊狙いで絶対に行くオススメポイントを勝手に呟いてみる。釣れるかどうかは知らんw

呼子方面なら平瀬の地磯、串裏漁港、は鉄板。昨年は平瀬で知り合いのエギンガーさんが3kオーバーを出したポイント。タイミングさえあえば絶対に出る。

子友漁港のビーチの奥は有名ですが超産卵場所になっているポイント。本格的な産卵シーズンに入ると2~3kのイカが足元で確認できる程。

平戸、松浦方面なら前回の記事を参考に

egidan.hatenablog.jp

特に平戸、生月島、宮之浦、松浦方面はどこでも1級ポイントと言っていいがその分ライバルも多いので、自分の足でポイント探しをしてみるのもエギングの楽しみの一つだと思う。

場所選びはエギングにおいて最重要なポイント!今、釣れている場所を探せるかが釣果に大きく関わってくるのは間違いないだろう。

タックルとエギは?

次に、重要なのはタックルです。ロッドは基本的に長めのパワーのあるロッド、リールは特に換える必要は無いかな。秋はML,春はMH、オールシーズンならMと使い分けているメンバーも居ますが私はMでオールシーズン派です。

秋だから小さいのしか釣れない、春だからでかいのしか釣れないって事が最近無いように思っています。

シーズンで判断するんではなくその時の状況に合わせる事が出来るのでMでオールシーズンですねwただ、ラインとリーダーは変えてます。

秋の新子シーズンのラインは0.6号でリーダーは1.75号を使っていますが、春のデカ烏賊シーズンのラインは0.8号、リーダーは2号まで上げてます。単純にタックルを複数用意する金無いからだろ?って思ったあなた・・・性格悪っw

f:id:delicatezone:20160303233011j:plain

春イカシーズンのエギのサイズは3.5又は4号がメインになりますね。タイプは状況に応じて変更していくのがセオリーなのでこれが良いですよってのは無いかな。

シャローでゆっくりフォールさせて駄目ならノーマルで少し速く沈めるとか、上層が駄目ならボトム、中層を中心に攻めてみるとかね。

春イカは基本的にはボトム中心の攻めがセオリーなので、頭にいれておくといいと思う。カラーも状況に応じて変える必要があるのでいろんなカラーを揃えておこう。

他のエギンガーさんがオレンジ系で釣れていないのであれば私は青系使ってみるとか、ナチュラル系で釣れているのであれば真似してナチュラル系で攻めてみるとかもよくやりますw

シャクらなくてよくね?

最後にシャクリ方ですが、ボトムステイさせて思考停止。

ボケーっと当たりを待つw何言ってんだコイツと思うかもしれませんが、長いときは3分とかステイさせる時もあります。

f:id:delicatezone:20160224230417j:plain

釣り場に到着すると、テンションあがってシャクリ倒したい気持ちはわかるんですが、ガンガンシャクッてる私の隣でじっとしている人に大型のイカが乗ってくる場面を何度も体験していますw

活性の高いイカが乗ってこない訳でも無いことは無いんですが、春のデカ烏賊シーズンに関しては、ボトムステイ、ボトムから中層のレンジをキープしたまま、エギの動きを極力小さくしてアピールする方が釣果に結びつく可能性は高いですね。ボトムずる引きも有効です。

まとめ

春のデカ烏賊シーズンは当たればデカイが狙いすぎると坊主って事もよくあるギャンブルに近いシーズンです。

固体数も少なく産卵時期ともなると、イカの警戒心も非常に強く難しい時期ですが、出ればデカイですw2~3キロクラスになるとデカ烏賊特有の引きを体験出来る時期でもあります。

さぁ、仕事なんてさっさと休んでエギングに出かけよーぜw

2017はこの餌木でデカ烏賊GETだぜw

egidan.hatenablog.jp